タンスの引っ越しならどこが安いのかって気になりますね?

 

実はこれ、下記サービスを使えばかんたんに格安な業者を見つけることができます。

 

 

タンスの引っ越しが安い業者を今すぐ見つける⇒⇒
(最大10社までの見積もり比較が無料、料金相場も1分で分かります!引越し侍公式)

 

 

タンス一つのみを引っ越しする場合でも、各社の料金は大きく異なるので比較がとっても大切なんですね!

 

 

 

実際に比較をしただけで、料金が半額以下にまで下がった!なんてこともあるんですよ。

 

 

もちろん、お金のことだけじゃなく、保証面や運搬の技術がしっかりとした業者を選ばなければいけません。

 

 

だけど、引越し業者に端から順に費用や保証を聞いていくのはとっても大変ですね。

 

そこで、無料の一括見積もりサービスなら、同じ条件を入力することで、格安な業者を見つける事ができます。

 

 

もちろん、激安業者だけじゃなく、大手の多くが参加していますので是非この機会にお役立てください!

 

 

比較でタンスの引っ越しが安い業者が分かる!無料サービスはこちら

 

最大50%安くなる引越し侍は、日通や佐川、引越しのサカイまで大手の料金を比較できる無料サービスです。

 

参加中の業者は290社で、最大10社までの見積もり額が分かるため、最安値も見えてきます。

 

最短1分で料金相場が分かるだけでなく、サービス内容も比較することが可能です。

 

ご利用者だけの限定キャンペーンとして10万円キャッシュバックの抽選ができる特典付きです。

 

満足度95.2%以上!

 

公式サイトはこちら

 

最短45秒で完了のライフルも大手クロネコヤマトやアート引越センターなど130社が見積もりに参加中です。

 

地元で活躍する赤帽や軽貨物の運搬業者も参加中なので、タンスの単品でも安く引っ越しできる業者も多くなっています。

 

引っ越し条件の入力時には、見積もりを取れる業者が表示され、気になる業者だけの見積もりを取ることも可能です。

 

こちらも特典として、10万円もしくは1万円が当たるキャンペーン実施中です。

 

最大10万円キャッシュバック!

 

公式サイトはこちら

 

ご利用は全て完全無料です。料金の相場を調べるためのご利用でも問題ありません。

 

 

タンスのみの引っ越し目安が分かる計算機

タンスの引っ越し料金相場っていくらぐらいなのか気になりますね?

 

その際には、下記の目安計算機をお役立てください!

 

タンスのサイズ(3辺合計) 送料目安
小サイズ(200pまで)
  • クローゼットチェスト
  • ローチェスト
  • 押入れタンス
  • ラタンチェストなど
8800円
中サイズ(300pまで)
  • ベビータンス
  • 整理タンス
  • リビングチェスト
  • 子供タンスなど
18050円
大サイズ(400pまで)
  • 桐たんす
  • 衣装タンス
  • 洋服棚
  • 本棚
  • 食器棚など
25500円
配送先 東京都〜東京都

出発地を選択してください。

到着先を選択してください。

 

発着地を変更することでおおよその概算価格が分かります。

 

タンスだけのおすすめ業者や格安プランはこちら

タンスのみの引っ越しならどの業者がお勧めなのか気になりますね。

 

どのような場合に、どの業者がお勧めなのか掲載していきます。

 

 

タンスのみ引越しならどの業者?

 

引越し業者のおすすめプランや格安プラン

 

タンスのみなら引越し業者が第一候補に入ります。

 

なぜなら、引越し業者は料金に融通を効かせてくれる面があるためです。
(閑散期や時間帯、業者間の比較で安くなる)

 

 

もし、輸送先が長距離なら混載便という特殊な配送方法で格安に運ぶことが可能です。
これは、配送先が同じ荷物を大型トラックでまとめて輸送するので、運賃や人件費の節約になり費用も格段と安くなります。

 

 

もちろん、サービス面でも、梱包から設置、必要なら養生までお任せ出来ますし、
大型家具だと、部屋から出せない、引越し先に入らないというトラブルが起きることがあります。

 

しかし、引越し業者だと、あの手この手で何とか搬入する技術力があり有事の際に頼れる強みがあります。

 

さらに、引越し業者ならタンスのみ輸送といった格安なプランもご用意されています。

 

  • アーク引越センターの大物限定プラン
  • キタザワ引越しセンターの一発予約家財宅配便
  • ファミリー引越センターの単品輸送便
  • 佐川急便の単品プラン

一例でもこれだけあるので、地元の業者も入れれば、無数に増えていきます。
だけど1社ずつ調べていくのは大変なので、格安業者を簡単に見つけるために一括見積もりサービスをお勧めしている理由です。

 

 

クロネコヤマトのらくらく家財宅急便は一定料金

 

運送業者だとヤマト運輸のらくらく家財便がお勧めです。

 

公式ホームページはこちら

 

料金は明朗会計でホームページより検索が可能、さらにタンスの梱包から設置まで全て一任できます。

 

 

ただし、タンスのサイズ制限には細かい条件があるので、必ず確認を行ってください。

 

例えば、タンスの高さは最長200pまでが条件です。

 

また、三辺合計が350pを超えるタンスや、高さが180pを超える、または横幅が100pを超えるタンスだと
お届けに日数がかかるケースや荷受不可のケースがあります。

 

さらに、大型タンスの引越しとなれば、搬出入時に分解や組み立てをしないと運搬不可になるケースもあります。
もしくは、別途追加料金が必要になります。

 

同業者では佐川急便の単品プランがありますが、こちらは要見積もりとなっており、詳しい情報は公式サイトでも掲載されていません。

 

輸送距離が近いなら赤帽が安い

 

赤帽は同市内で近距離引っ越しであれば、料金面での強みがあります。
(長距離輸送は高速代の往復料金が必要のためお勧めはできません。)

 

赤帽の公式ホームページはこちら

 

ただし、スタッフは1名軽トラでの運搬がスタンスのため、大型タンスだとお手伝い必須の点はご確認ください。

 

また、梱包は毛布でくるむ簡易梱包で、搬出入が難しいサイズになると、作業が止まってしまうケースもあります。
あくまでも軽貨物運搬業者に分類されるので、小型タンスならまだしも、大型家具になるなら引越し業者や運送業者に依頼するのがお勧めです。

 

宅急便はNG

宅急便は、サイズが大きすぎるためタンスの運搬は出来ません。
(最大サイズ:3辺合計160p、重量25sまで)

タンスの引越し準備や中身の荷造りについても確認

タンスの中身の対処法

 

タンスの中身は引越し時にどうすればいいのか気になりますね?

 

こちらは対応が異なり、タンスの中身を段ボールに移し替えないと運ばない業者もあれば、中身はそのままでOK!といった業者まで対応はバラバラです。

 

たとえば、サカイ引越センターであれば、中身はそのままで運べる営業所も御座います。
一方、クロネコヤマトのらくらく家財便ご利用時には、全て中身は出さなければいけません。

 

 

一般的に中身を出す条件としては、

  • 重い荷物が入っている場合(タンスの底抜けや歪みが起こり故障の原因になる。)
  • 搬送通路に階段がある(中身が入っていると方向転換ができない。)
  • 運搬スタッフが1名で来る(中身が入っていると重くて運べない)

こういったケースだと、全て中身を出しダンボールに荷造りする作業が必須になります。

 

 

出来ることなら、荷造りせずに運んでもらいたいものですが、中身の量や重さ、輸送距離により対応は異なってくるため、見積もり時にスタッフまでご確認ください。

タンスのサイズに注意!2階に上げる場合は追加費用が掛かる場合も

タンスの引っ越しで多いトラブルが、持って行ったは良いがサイズが大きすぎて搬入できないケースです。

 

搬出前にはサイズの事前確認が必須

 

トラブルへの対処法としては、搬入経路の寸法を計測し、タンスの幅・高さに加えて50p以上の空きがあれば運べると思って大丈夫です。

 

一番確実なのは、引越し先の搬入経路の寸法を図り、見積もり時に引越し業者に見せることです。
(設計図は、実際の寸法とは異なるので、うのみにすると搬入できないケースがあります。)

 

階段を通せない場合は、吊り作業になり追加料金が発生します。下記を見てください。

 

階段から2階に運べない場合は、吊り作業で搬入

タンス吊り上げ作業の料金目安

 

2階に上げたいけど階段の幅が狭すぎて運べない場合の対処法は2つのみです。

 

  • ベランダや窓から人力吊り作業で搬入する
  • クレーン車・スカイポーター車で吊り上げる

 

もちろん、窓の大きさはタンスを搬入できるサイズが必要です。
また、クレーン車は停車できる場所や上空に電線が無いことが条件になります。

 

  • 人力吊り作業にかかる費用は15,000円〜20,000円程度
  • クレーン車だと半日作業で20,000円〜30,000円程度

 

とタンスの引越し料金を安くしてもそれ以上に余計な出費がかかってしまいます。

 

ですので、事前に寸法を測り引越し業者と相談しておくことが非常に大切です。

 

現地に運び入らないとなったら結局は処分しかありません。

タンスの処分方法は自治体が安くて便利

タンスの処分方法3選
運賃が高く買い替えた方が安い、又はサイズ問題で持っていけない場合は、処分した方が安上がりになるケースもありますね。

 

 

お勧めの処分方法は、自治体での回収です。

 

処分方法は、自治体により対応が異なりますが、

 

一例として東京都の場合は、

  1. 粗大ごみ受付センターに電話またはインターネットで申し込む
  2. 粗大ごみ処理券を購入する。
    (購入先は、粗大ごみ処理券取扱所の看板があるコンビニやスーパーです。)
  3. タンスに処理券を貼り、収集日の朝に出す。

以上で完了です。

 

また、他の自治体では、

  1. 自治体に電話をかけ、
  2. 収集日を決めて
  3. 当日に処分費用と収集費用を支払う

といったシンプルな自治体もあります。

 

 

また、高価なタンスならば、売るという事も視野に入れてください。

 

リサイクルショップでの買取は、二束三文ですが処分費がかからないのがメリットです。
ただし、持っては行かずに自宅での見積もりで買取できるか処分費がかかるか確認をして下さい。

 

売れるかどうか、捨てるかどうかの判断基準は、
『そのタンスをまた自分でお金を出してでも買いたいかどうか』です。

 

自分で要らないものは他の人も必要としていません。もったいないは捨てましょう。

ページの先頭へ戻る